ピル通販

ピル通販(ピルの種類と効果)

 

一般的にピルと言うと「低用量ピル」の事です。

 

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類からできているお薬です。この二つホルモンは体が妊娠しているときに活躍するホルモンです。

 

ピルを毎日服用することによって、体を妊娠している状態と同じ状況に持っていき、脳は妊娠しているのだから排卵の必要がないと判断して排卵を止めてしまうため妊娠することが無くなります。

 

ピル通販

 

卵子がいなければ精子がいくらやってきても受精できないって仕組みです。
同時に子宮粘膜の増殖を抑制し、精子の通り道も通りずらくしてしまいます。

 

日本ではピルと聞くと、体によくない薬という印象が強くあまり普及していまん。ですが世界では1億人以上の人が使用している薬の中では一番使われている薬の部類に入ります。オランダでは、女性の60%イギリスでは72%の女性がピルを使用しています。

 

そんな理由もあり日本で認可されているピルの種類は少なく、世界にはもっと多くの種類のピルが存在しています。日本ではピルの種類も少ないので選択しがあまりないのが現状です。

 

ピルの避妊効果は毎日きちんと服用していれば妊娠する確率は99.9%(1000人に1人)と言われています。一方コンドームは約85%(100人に15人)だそうです。いかにピルの方が避妊効果が高いかお分かりになるでしょう。

 

ピルが面倒なのは、毎日決まった時間にしっかりと服用しないと避妊効果が極端に落ちてしまいます。毎日服用するのは思ったより大変なことでついつい忘れてしまう日があるものです。

 

そんな時は、飲み忘れに気づいたときに1錠すぐ飲み、その日も通常通りに飲んでください。(その日は1日2錠飲むことになります)そうすれば問題はありません。

 

いずれにしても毎日服用するように、何か工夫して服用習慣をつける事が大切です。

 

いくらピルを飲んでいても性病は予防できません。ピル飲んでいてもコンドームは必ず使用しましょう。

 

何か心当たりのある方は、性病の検査を匿名で受けておきましょう。

 

性病検査キット

 

もう一種類のピルは「モーニングアフターピル」と言います

このピルは「緊急避妊ピル」とも言われています。

 

この薬の事を知っているか知らないかで、人生が大きく変わります。今日彼とエッチしたけど大丈夫だったかななんて思っているその数か月後に生理が来ないのが分かって、仕方なく人口妊娠中絶なんてケースがよくあります。

 

ピル通販

 

言うまでも無いことですが、中絶手術は女性の心と身体を深く傷つけます。またその後の精神状態は不安定になってしまいます。

 

それをこの緊急避妊ピルは回避してくれるのです。受精卵の着床を防ぐための中用量のピルになります。

 

性交渉の際に何かの加減で運悪くコンドームが破けてしまった、彼が間違えて中出しをしていしまったなどの時に望まない妊娠を避けるためにこの緊急避妊ピル(アフターピル)を72時間以内(3日以内)に1錠服用すれば精子が子宮に着床するのを防いでくれます。

 

このピルは服用する時間は早ければ早いほど効果があります。24時間以内なら95%、72時間以内なら75%の避妊成功率と言われています。

 

緊急避妊ピル(アフターピル)は排卵・受精・着床のすべての過程において妊娠を防止してくれます。たとえ受精が起きてしまっても子宮内膜への着床をも防ぎます。
かなり確実な避妊法と言えます。

 

緊急避妊ピル(アフターピル)服用後に出血があります。早い人は数日で出血しますし、遅い人は数週間(21日以内)後に出血します。この出血で妊娠回避の確認ができます。
副作用がありまして、吐き気、嘔吐、頭痛などです。その人の体質にも依りますが大体服用して24時間以内にこの副作用が出ますが、これらの副作用は一時的なものです。

 

妊娠中絶で体を痛める事に比べれば、この程度の副作用はたいした事ではありません。

 

出来れば、低用量ピルを使用してコンドームを付けるのが一番好ましいことで、緊急避妊ピル(アフターピル)に頼らないでいい生活を送りましょう。

 

「低用量ピル」「緊急避妊ピル(アフターピル)」はどちらもお医者さんの処方箋が必要で、保険が適用されません。

 

お医者さんに行きますと初回検査費用とピルの代金で2万円〜3万円ぐらいは取られてしまいます。ちょっと出費が痛いですよね!

 

けど心配はいりません。これらのピルを個人輸入という形で、海外から直接買うことができます。医薬品は一定の量までは個人輸入が法律で許可されています。

 

医薬品等の個人輸入について

 

けど個人輸入なんてやったことがある人はいませんよね!これも心配いりません。この個人輸入を代行してくれる会社が存在します。
あなたはネットから薬を選んで注文するだけです。簡単でしょう!

 

ですが、この手の個人輸入代行の会社には、東南アジアで作らせた偽物の薬を平気で販売しているところもありますので注意が必要です。
安いからと、安易にそのような会社から購入すると効果がないどころか体を壊してしまう可能性があります。

 

そこで私が使用している安心して本物を手に入れる事ができる会社をご紹介します。

 

ピルを安全に購入したいかたは、こちらからご紹介できるショップの詳細をご覧になれますのでご参考にして下さい。

 

低用量ピルの副作用

 

低用量ピルの副作用には、良いものと悪いものの2つがあります。

低用量ピルの良い副作用

 

月経周期がきちんと28日と規則正しくなる

仕事やデートでこの日に生理になったら嫌だなと思うときがありますよね。低用量ピルを服用していると、生理が28日周期で来ますのでその月の予定が立てやすいくなり生理の日を避けることができます。

生理痛が軽くなり、出血量も減る

 

生理痛がひどくて困っている方がたくさんいます。ひどい方ですと「月経困難症」という病名までついてしまいまい毎回生理前から鎮痛剤を使用したりします。

 

この原因はプロスタグランジンという物質の分泌で、痙攣性の痛みが強い場合に起こります。低用量ピルを服用することによってこれらを軽くしてくれ、出血量も減少してきます。

 

生理痛が驚くほど軽くなりますので、鎮痛剤も必要なくなりますし仕事を休んだりする事もなく今までにない充実した生活を毎月おくれます。

肌荒れ、ニキビが改善される

 

女性の方には月排卵日以降にニキビひどくなり生理が始まると改善すろタイプの方が大勢います。低用量ピルはニキビの原因となる黄体ホルモンや、卵巣・副腎由来の男性ホルモンを抑える働きがあります。
特に、黄体ホルモンの働きを抑制することによりニキビを改善していきます。

 

良性乳房疾患、子宮がん、卵巣がんの発症リスクが低下する

低用量ピルの服用により生理が止まり卵巣が「お休み」することで、卵巣に負担がかからず結果的にがんの発症を抑制する訳です。
また子宮体がんのリスクは50%低下し、その効果も服用中止後10年まで持続することが裏付けられています。このほか大腸がんのリスクも抑えられることが確認されています。

子宮内膜症の治療になる

現在では子宮内膜症に悩まされる女性がたくさんいます。これがひどくなりますと不妊症になってしまいます。
低用量ピルは子宮内膜の状態を改善してくれます。

 

今では子宮内膜症の治療に低用量ピルが使用されることがあります。

骨粗鬆症の予防になる

女性は閉経後エストロゲンの減少により、骨がもろくなってしまいます。低用量ピルはこのエストロゲンを補充してくれますので骨がもろくなることを抑えてくれます。

低用量ピルの悪い副作用

初期のホルモンバランスの変化

ピルはホルモン剤ですので、体がそのホルモンバランスに慣れるまでは、吐き気や頭痛、不正出血、めまい、乳房の張りといった「マイナー・トラブル」と呼ばれる軽度の副作用がでます。

 

これらの副作用は黄体ホルモンなどのバランスが変化したことによるもので、2〜3カ月で自然に治まります。

血栓症

ふくらはぎの痛み・むくみ、手足のしびれ、鋭い胸痛、突然の息切れ、押しつぶされるような胸の痛み、激しい頭痛、めまい、失神、目のかすみ舌のもつれなどが出てきたら血栓症の疑いがあります。

 

血栓症は血管の中で血液をじゃまする塊ができてそこから先に血液がいかなくなるので、心筋梗塞や脳梗塞を起こすものです。
日本人が低用量ピルを服用して血栓症になる頻度は、10万人あたり3〜4人で、ほとんど気にする必要がない確率です。普通の人が、癌に掛かる確率の方がよほど高いです。

 

現在の低用量ピルでは、血栓症の発現も低く、神経質になる必要はありません。

 

全体的に見て頂ければお分かりのように、低用量ピルの副作用はメリットの方が多いと言えます。

 

避妊目的以外でも低用量ピルは女性にとってメリットが多いので上記のような症状でお困りの方は低用量ピルを服用してみる価値は大いにありますので、一度お試しください。

 

ピルに対して偏見が無くなった方はこちらで実際にピルを見てみましょう。

 

低用量ピルの作用

 

ピルと太るの関係

 

ピルを使用していると、体重が増えて太ってしまうと思っている方が大勢います。

 

たしかにピルを服用しますと太る方が多いのも事実です。

 

ですが、この太る現象はピルの副作用でなっているのではありません。

 

ピルを使用する事で、体がとてもいい状態に改善される方が多いので、体調がいいとどうしても食が進みます。

 

ですので、一般的に太ってしまう方が多くいます。

 

生理痛や、生理前の愉鬱な時間にはやはり食欲も減退します。

 

そんな中で、そのような現象が収まりますと、以前だったら食欲も無かった時期でもピルの使用によっていつものように食欲はばっちりでどうしても食べてしまいます。

 

結論を言いますと、ピルを服用したのが原因で太るのではなくて、ピルを服用して体調が良くなる事で食欲が出て太ってしまいます。

 

ピルを服用し始めたらこのような健康状態になる事を良く理解して、いつもより多く食べるのを控えるように努力するようにしましょう。

 

又、運動なども気持ちよくできますのでどこかのジムに通うなど定期的に運動をする事がいいと思います。

 

精神的にも、肉体的にもとてもいい効果がありますのでおすすめです。

 

 

日本と世界のピルの意識の違い

 

日本では、ピルを積極的に服用する事jはまずありません。

 

そもそも女性同士の会話の中にもピルの話はほとんど出てくる事はありません。

 

その位、日本の女性はピルに付いて関心が無いのが現状です。

 

ですが、世界ではピルを積極的に使用している国が沢山あります。

 

国によっては、生理がはじまうとピルの服用を始める国もあります。

 

たとえば、日本で誰かに「私ピルを飲もうと思うの?」なんて質問をしたら返ってくる言葉は、「危ないから絶対止めておいた方がいいよ。」です。

 

いったい何が危ないのか全く分かってもいないのに何となくピルに関するうわさを信じて、ピルは健康な人が服用する薬ではないと思っています。

 

その点海外では、ピルに対する知識が豊富でピルは女性にとってとても大きなメリットがある事を良く知っています。

 

ピル通販

又、ピル自体モかなり進化をしていて安全で副作用のないピルが今では販売さえています。

 

ピルに対する良い副作用に関してはすでに書いておきましたので、それを参考にしてください。

 

生理は、女性にとって妊娠をするために必要な行為です。もし妊娠をする必要が無い人が生理になってもただ子宮に傷をつけては剥がす行為をしているだけでしかありません。

 

毎日傷についた瘡蓋を剥がしていたらどうなるでしょう!その皮膚は最後には綺麗な皮膚になる事は無く傷ついた状態になってしまいます。

 

女性の生理も同様で、毎回生理があるたびにこの瘡蓋を剥がす詐病を子宮の中で行っています。

 

よく妊娠をしたことが無い女性はある女性に比べて、女性特有の病気に掛かりやすいと言う話を聞きます。

 

これも、妊娠を経験した女性は妊娠をしている間生理が止まりますので、子宮の傷が治っていく時間があるからなのです。

 

妊娠をしたことの無い女性は何時までも生理を行って子宮を痛めてしまいますので、女性い特有の病気に掛かりやすくなってしまいます。

 

極論を言いますと、妊娠する予定意外の生理は全く女性には必用がありませんので、ピルで無くしてしまっても何ら問題はありません。

 

どちらかと言いますと、子宮が健康な状態を保ちますから健康で長生きができる可能性が高くなります。

 

海外ではこのようなピルに関する知識をしっかり持てピル積極的に使用しています。日本ではいまだピル=避妊の知識で停止しているのが現状です。

 

★注意★
ピルも薬ですので合う合わないは必ずあります。合うピルを探すようにしましょう。又高齢の女性はピルを服用する事で血管内に血栓を作りやすくなりますので、高齢の女性にはピルはおすすめできません。

 

ピルの詳細を更に詳しく知りたいからはこちらでご覧下さい。。

 

低用量ピル

 

低用量ピルとは、女性が妊娠するときに出てくる卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストロン)が入った薬です。

 

低用量ピルは、ピル又は(OC:oral contraceptives)などとも呼ばれています。

 

女性はこの2つのホルモンの関係で、排卵を起こしますが、低用量ピルを服用する事で「視床下部」や「脳下垂体」にもの排卵は終ったような状況を伝達する事で排卵を止める事ができます。

 

ピルの避妊効果は正しく服用する事で、ほぼ100%と言われています。

 

日本ではコンドームによる避妊がほとんどですが、統計によりますとコンドームによる避妊効果は80%ぐらいで約20%は失敗しているそうです。原因として途中からコンドームを使用する場合が多く、実は射精する前から精子は少しづつ出ていますので妊娠の可能性が出てきてしまいます。

 

昔の日本では、ピルと言いますと中容量ピルか高容量ピルしかありませんでした。

 

ですが、これらのピルは吐き気や頭痛などの副作用が強く簡単に使用できるものではありませんでした。

 

最近では、妊娠を回避できる最低限の量をホルモンを入れた低用量ピルが出てきて、これらの副作用が出る事もなくなりとても安全な薬となっています。

 

ピルに入っているホルモンの量で、低用量ピルは卵胞ホルモンの量を 50 μg 未満に抑えたものをいい、50 μg のものを中用量ピル、50 μg より多いものを高用量ピルといいます。

 

海外の女性や日本のアスリートなどは、約80%の人がピルを使用しています。

 

ですが、日本人の中にはピルに対して誤解を持っている方が多い様です。

 

低用量ピルは健康な人が使用するピルで、日本人の感覚では健康なのに薬を服用したくないと考える傾向があります。

 

何故かサプリメントになると健康でも高額な商品を買って服用する事は平気なようです。

 

ピルを服用すると癌になるなどと思っている方がいます。

 

ピルは癌になるどころか子宮を休ませる事で、子宮がん、大腸がん、卵巣がんになる確率を下げる事ができます。
むしろガンの予防になるのです!

 

ピルを服用すると不妊症になる。

 

ピルを服用する事で不妊症になる事は絶対にありません。
ピルは何時でも中止する事ができ、2ヶ月後から普通に生理がやって来て、子宮自体がとても健康な状態ですので妊娠しやすくなります。

 

健康なのにピルを継続して飲まなければいけない。

 

低用量ピルを服用してみれば分かりますが、生理も楽になり、ニキビができにくくなったりと実際の体調にとてもいい変化が出てきますので、一度ピルを使用したことがある方はピルの良さを知りますと、まず止める事はありません。
妊娠の必要がある場合にはピルの服用を止めるだけです。

 

その他、低用量ピルを服用する事で生理の感覚が28に周期になる、生理前の嫌な症状が無くなる、出血量が少なくなる。など沢山のメリットがあります。

 

ピルと言いますと血栓症を心配する人がいますが、ほとんど稀なケースでよほどタバコが好きで生活が不摂生をしている方に起こる症状で、通常の生活をしている方には血栓症が起こる事はまずありません。

 

低用量ピルの詳細や商品を更に詳しく知りたいからはこちらを参考にしてください。