ピル通販

ピルの種類と効果

 

ピルの詳細はこちら

一般的にピルと言うと「低用量ピル」の事です。

 

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類からできているお薬です。この二つホルモンは体が妊娠しているときに活躍するホルモンです。

 

ピルを毎日服用することによって、体を妊娠している状態と同じ状況に持っていき、脳は妊娠しているのだから排卵の必要がないと判断して排卵を止めてしまうため妊娠することが無くなります。

 

ピル通販

 

卵子がいなければ精子がいくらやってきても受精できないって仕組みです。
同時に子宮粘膜の増殖を抑制し、精子の通り道も通りずらくしてしまいます。

 

日本ではピルと聞くと、体によくない薬という印象が強くあまり普及していまん。ですが世界では1億人以上の人が使用している薬の中では一番使われている薬の部類に入ります。オランダでは、女性の60%イギリスでは72%の女性がピルを使用しています。

 

そんな理由もあり日本で認可されているピルの種類は少なく、世界にはもっと多くの種類のピルが存在しています。日本ではピルの種類も少ないので選択しがあまりないのが現状です。

 

ピルの避妊効果は毎日きちんと服用していれば妊娠する確率は99.9%(1000人に1人)と言われています。一方コンドームは約85%(100人に15人)だそうです。いかにピルの方が避妊効果が高いかお分かりになるでしょう。

 

ピルが面倒なのは、毎日決まった時間にしっかりと服用しないと避妊効果が極端に落ちてしまいます。毎日服用するのは思ったより大変なことでついつい忘れてしまう日があるものです。

 

そんな時は、飲み忘れに気づいたときに1錠すぐ飲み、その日も通常通りに飲んでください。(その日は1日2錠飲むことになります)そうすれば問題はありません。

 

いずれにしても毎日服用するように、何か工夫して服用習慣をつける事が大切です。

 

いくらピルを飲んでいても性病は予防できません。ピル飲んでいてもコンドームは必ず使用しましょう。

 

何か心当たりのある方は、性病の検査を匿名で受けておきましょう。

 

性病検査キット

 

もう一種類のピルは「モーニングアフターピル」と言います

このピルは「緊急避妊ピル」とも言われています。

 

この薬の事を知っているか知らないかで、人生が大きく変わります。今日彼とエッチしたけど大丈夫だったかななんて思っているその数か月後に生理が来ないのが分かって、仕方なく人口妊娠中絶なんてケースがよくあります。

 

ピル通販

 

言うまでも無いことですが、中絶手術は女性の心と身体を深く傷つけます。またその後の精神状態は不安定になってしまいます。

 

それをこの緊急避妊ピル は回避してくれるのです。受精卵の着床を防ぐための中用量のピルになります。

 

性交渉の際に何かの加減で運悪くコンドームが破けてしまった、彼が間違えて中出しをしていしまったなどの時に望まない妊娠を避けるためにこの緊急避妊ピル(アフターピル)を72時間以内(3日以内)に1錠服用すれば精子が子宮に着床するのを防いでくれます。

 

このピルは服用する時間は早ければ早いほど効果があります。24時間以内なら95%、72時間以内なら75%の避妊成功率と言われています。

 

緊急避妊ピル(アフターピル)は排卵・受精・着床のすべての過程において妊娠を防止してくれます。たとえ受精が起きてしまっても子宮内膜への着床をも防ぎます。
かなり確実な避妊法と言えます。

 

緊急避妊ピル(アフターピル)服用後に出血があります。早い人は数日で出血しますし、遅い人は数週間(21日以内)後に出血します。この出血で妊娠回避の確認ができます。
副作用がありまして、吐き気、嘔吐、頭痛などです。その人の体質にも依りますが大体服用して24時間以内にこの副作用が出ますが、これらの副作用は一時的なものです。

 

妊娠中絶で体を痛める事に比べれば、この程度の副作用はたいした事ではありません。

 

出来れば、低用量ピルを使用してコンドームを付けるのが一番好ましいことで、緊急避妊ピル(アフターピル)に頼らないでいい生活を送りましょう。

 

「低用量ピル」「緊急避妊ピル(アフターピル)」はどちらもお医者さんの処方箋が必要で、保険が適用されません。

 

お医者さんに行きますと初回検査費用とピルの代金で2万円〜3万円ぐらいは取られてしまいます。ちょっと出費が痛いですよね!

 

けど心配はいりません。これらのピルを個人輸入という形で、海外から直接買うことができます。医薬品は一定の量までは個人輸入が法律で許可されています。

 

医薬品等の個人輸入について

 

けど個人輸入なんてやったことがある人はいませんよね!これも心配いりません。この個人輸入を代行してくれる会社が存在します。
あなたはネットから薬を選んで注文するだけです。簡単でしょう!

 

ですが、この手の個人輸入代行の会社には、東南アジアで作らせた偽物の薬を平気で販売しているところもありますので注意が必要です。
安いからと、安易にそのような会社から購入すると効果がないどころか体を壊してしまう可能性があります。

 

そこで私が使用している安心して本物を手に入れる事ができる会社をご紹介します。

 

ピルのご購入はここからできます。
 

低用量ピルの副作用

 

低用量ピルの副作用には、良いものと悪いものの2つがあります。

低用量ピルの良い副作用

 

月経周期がきちんと28日と規則正しくなる

仕事やデートでこの日に生理になったら嫌だなと思うときがありますよね。低用量ピルを服用していると、生理が28日周期で来ますのでその月の予定が立てやすいくなり生理の日を避けることができます。

生理痛が軽くなり、出血量も減る

生理痛がひどくて困っている方がたくさんいます。ひどい方ですと「月経困難症」という病名までついてしまいまい毎回生理前から鎮痛剤を使用したりします。この原因はプロスタグランジンという物質の分泌で、痙攣性の痛みが強い場合に起こります。低用量ピルを服用することによってこれらを軽くしてくれ、出血量も減少してきます。生理痛が驚くほど軽くなりますので、鎮痛剤も必要なくなりますし仕事を休んだりする事もなく今までにない充実した生活を毎月おくれます。

肌荒れ、ニキビが改善される

女性の方には月排卵日以降にニキビひどくなり生理が始まると改善すろタイプの方が大勢います。低用量ピルはニキビの原因となる黄体ホルモンや、卵巣・副腎由来の男性ホルモンを抑える働きがあります。 特に、黄体ホルモンの働きを抑制することによりニキビを改善していきます。

良性乳房疾患、子宮がん、卵巣がんの発症リスクが低下する

低用量ピルの服用により生理が止まり卵巣が「お休み」することで、卵巣に負担がかからず結果的にがんの発症を抑制する訳です。
また子宮体がんのリスクは50%低下し、その効果も服用中止後10年まで持続することが裏付けられています。このほか大腸がんのリスクも抑えられることが確認されています。

子宮内膜症の治療になる

現在では子宮内膜症に悩まされる女性がたくさんいます。これがひどくなりますと不妊症になってしまいます。低用量ピルは子宮内膜の状態を改善してくれます。今では子宮内膜症の治療に低用量ピルが使用されることがあります。

骨粗鬆症の予防になる

女性は閉経後エストロゲンの減少により、骨がもろくなってしまいます。低用量ピルはこのエストロゲンを補充してくれますので骨がもろくなることを抑えてくれます。

低用量ピルの悪い副作用

初期のホルモンバランスの変化

ピルはホルモン剤ですので、体がそのホルモンバランスに慣れるまでは、吐き気や頭痛、不正出血、めまい、乳房の張りといった「マイナー・トラブル」と呼ばれる軽度の副作用がでます。これらの副作用は黄体ホルモンなどのバランスが変化したことによるもので、2〜3カ月で自然に治まります。

血栓症

ふくらはぎの痛み・むくみ、手足のしびれ、鋭い胸痛、突然の息切れ、押しつぶされるような胸の痛み、激しい頭痛、めまい、失神、目のかすみ舌のもつれなどが出てきたら血栓症の疑いがあります。
血栓症は血管の中で血液をじゃまする塊ができてそこから先に血液がいかなくなるので、心筋梗塞や脳梗塞を起こすものです。
日本人が低用量ピルを服用して血栓症になる頻度は、10万人あたり3〜4人で、ほとんど気にする必要がない確率です。普通の人が、癌に掛かる確率の方がよほど高いです。
現在の低用量ピルでは、血栓症の発現も低く、神経質になる必要はありません。

 

全体的に見て頂ければお分かりのように、低用量ピルの副作用はメリットの方が多いと言えます。

 

避妊目的以外でも低用量ピルは女性にとってメリットが多いので上記のような症状でお困りの方は低用量ピルを服用してみる価値は大いにありますので、一度お試しください。

 

ピルのご購入はここからできます。

 

低用量ピルの作用